スポンサーサイト

  • 2015.03.31 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スバエクトム

    • 2015.03.24 Tuesday
    • 18:23
    スオスダイ!

    先日スバエクトムを見てきました。
    弊社でお手配をさせていただき、今回は貸切です!

    スバエクとは皮、トムとは大きいという意味でカンボジアの伝統芸能の一つで、牛の皮を掘って作られた大きな人形を使い、椰子の殻を燃やした炎で映し出す影絵芝居です。
    2005年にはユネスコの世界無形文化遺産にも登録されています。

    上映はティーチアン一座。
    カンボジアにもっとも古くからあったスバエクと無の一座の上演形式を引きついているグループです。
    そしてこの一座に関わっておられるのが「福富友子さん」という日本人の女性です。
    あの有名なたびの指差し会話帳カンボジア語編の著者でもある方です。

    この影絵、全編カンボジア語で上演されるので、カンボジアが分からないと少し理解しづらいのですが、今回は福富さんによる解説と字幕付き!ということで、より深く味わうことができました。




    まず初めに、師匠と神々の霊にお祈りとお供え物をささげます。
    これは上映前に必ず行うそうです。

    カンボジアのこんなところがとても素敵だなぁといつも思います。




    この後、炎がともされます。




    椰子の殻が一番炎が大きく燃え上がるのだそうです(Mr.ポゥキィ談)




    影を利用して、大きくみせたり、柄を細かくみせたり・・・



    演者の方もその人になりきっています。







    スバエクトムの見せ所の一つ、演者のアクロバティックな動きも目が離せません。


    このスバエクトム、古くから受け継がれてきたものの既存の文化を否定した内戦時代一次途切れてしまいました。
    そして1997年、ティーチアン師を座長として復活させたのが、このティーチアン一座だそうです。



    一座には小学生くらいの子から、年配の方まで様々な年代の方がおられました。
    伝統芸能を継承していくということの難しさと尊さを感じました。

    レストランで食事をしながら見れるところもありますが、本格的なものが見てみたいという方、弊社にてアレンジ可能です。
    お問い合わせくださませ。
    カンボジアで伝統芸能にふれてみませんか?

    Wedding 2次会編

    • 2015.03.23 Monday
    • 17:35
    スオスダイ!

    ウエディングネタ、最終章です。

    え?まだあるの!?

    と思われた方。そうです、まだあるのです。

    通常新婦の実家で行われる一連の儀式と披露宴。
    少し郊外ということもあって、街のレストランで2次会がありました。

    初めて行く場所だったので、上手くたどり着けるかな?と不安だったのですが、何も問題ありませんでした!

    だって



    こんな感じで見るからにここでやってまーすという派手さ(笑)

    実はレストランでのニャムカーは初めての私。
    どんな感じかなー?と思いましたが、流れは村で行われるものとほとんど同じです。



    招待客は600人だとか!
    正面では生演奏されており、スクリーンには村での儀式の様子が映し出されていました!
    日本みたい!

    でもやっぱり日本のように余興やスピーチなどはありませんでした。

    今回のお料理のラインナップは



    カンボジア名物のカシューナッツ。
    真ん中のささ身と青菜の冷たいおひたしがおいしかったー!



    このきゅうりの漬物がおいしかったー!




    鶏肉のサラダ!
    底に入ってた揚げた春雨もパリパリで美味しかったですー。



    ザ!カンボジアな豚肉のホルモンとプロホックのお料理。



    とりにく〜




    お魚〜



    チャーハン〜



    トムヤムスープ。

    お料理、どれもとっても美味しくてラーヴォくんとナリーさんのおもてなしの心を感じました。



    ラーヴォくんとはタイミングが合わず一緒に写真が取れませんでしたが、ナリーさんとは撮ってもらえました〜!

    ウエディングウィークだったこの1週間。
    お二人もお疲れ様でした〜!

    そして、お幸せに〜!!

    カンボジア的結婚披露宴

    • 2015.03.19 Thursday
    • 17:39
    スオスダイ!
    結婚式シーズンのカンボジア。

    観光で訪れていても軽いノリで誘われることもあるカンボジアの結婚式。
    私も知らない人の結婚式に言ったことは1回や2回ではありません(笑)

    国が違えば作法も違う!
    ということで、カンボジアの結婚式(ニャムカー/披露宴)に呼ばれたときの手順を紹介します。

    まず通常はこのような招待状を事前にもらいます。



    中には日取りと場所が書かれていますが、ほとんどの場合クメール語で書かれているので、お近くのクメール人に読んでもらいましょう。

    ちなみに、日本の様に出欠の有無は問いません。
    ので、返信の必要はありません。

    せっかく結婚式に呼ばれたら、クメール式のおめかしをしていきましょう。

    ローカルの美容室でセット。
    このときは3ドルでした。




    置いてある雑誌の中から好きなスタイルを選びましょう。
    但し、同じものになるかは運命しだい・・・。


    ちなみにカンボジアの美容院ではこんな風にシャンプーします。




    すごいですねー。
    してもらってる人きもちよさそー。

    そしてせっかくなのでクメールの伝統衣装で正装。
    私は上司のめぐみさんにいただいたものを、着る機会がたくさんある人は思い切ってオーダーメイドで作るのもありですが、レディーメイドでも10ドルほどで借りれます。



    じゃーん!
    こんな感じです。
    左から、スナーダイクマエバレー部コーチののりこさん、スナーダイクマエ代表のメアス博子さん、ラーヴォくんに日本語の先生佐々木さん、ワタクシです。

    日本ではなかなかない色合いの衣装。全てハンドメイドです。

    さてさて、クメール衣装に身を包んでいざ会場へ。

    披露宴は通常新婦の実家で行われます。



    この様に見るからにめでたそうな雰囲気と、爆音の音楽が聞こえたらそこが会場です。



    入り口では新郎新婦とその両親が迎えてくれます。
    プチギフトがもらえますので、受け取ってお祝いの言葉を述べましょう。

    そして案内されたテーブルへ。
    日本の様に席次表はありません。
    相席でテーブルがいっぱいになったところから、お料理が運ばれてきます。




    机の上にはメニューが置かれています。



    結婚式はカンボジア語でニャムカー。
    ニャムをとは食べるという意味で、その通りとにかく食べるのです。

    日本の様に余興などはありません。挨拶もありません。
    席に着いたらとにかく食べます。
    招待状にははじめる時間が書かれていますが、皆集まってくる時間はバラバラなので、全体で乾杯もありません。
    テーブルの人数が集まれば、食べ始めます。
    シンプルですねー。



    オードブル



    サラダ



    これ美味しかったー!!





    とりー!



    カンボジアのスープと白ご飯。

    気をつけたいのは、一つの料理が食べ終わらないと次の料理が運ばれてこないということ。
    遠慮してなかなか手をつけずにいたら、次の料理はいつまでたっても来ませんのでご注意を〜!

    そして最後に



    デザートと一緒にご祝儀袋が配られます。
    この封筒に、ご祝儀をいれます。
    この時名前を書くのをお忘れなく!

    最後に入り口においてある



    ご祝儀ボックスに入れて帰ります。

    日本とは随分様子の違うカンボジアの披露宴。
    この披露宴の前に儀式はたくさんありますが、友人などが呼ばれるニャムカーはこんな感じです。

    カンボジアの結婚式はほとんどのところが飛び入り参加もOK!
    でも呼ばれて、お食事もした場合はご祝儀をお忘れなく!

    水上生活の村

    • 2015.01.30 Friday
    • 17:51
    スオスダイ!
    久しぶりの更新になってしまいました。

    このブログでも何度か書いていますが、カンボジアには東南アジア最大の湖、トンレサップ湖があります。
    この湖があるからこそカンボジアは古代から発展し、今も世界に誇る遺跡が造れたと言っても過言ではないかもしれません。

    さて、そのトンレサップ湖に久しぶりに行ってきました。
    トンレサップ湖では、100万人もの人が生活しているといわれています。
    雨季になるとその面積は琵琶湖の10倍以上になります。

    今回いったのは、コンポンプルック村。
    よくメディアで取り上げられるのは水上移動生活をしている村(チョンクニア)ですが、こちらは超高床式住居で生活をしている村です。






    現在は乾季のため水位はだいぶ低くなっていますが、雨季になるとこの高床式住居の家の方まで水が来ます。



    八百屋さんももちろん水上。



    ここは乾季のみ陸になりますが、雨季はボートで行き来します。



    塩作りをしているおばあちゃんや



    干し海老作りをしているおかあさんに出会いました。

    干し海老が道路一面、真っ赤な絨毯のようでした。
    乾季にしか味わえない景色です。



    プロホック(魚を発酵させて作る調味料)作りをしている女性達。

    集落をすぎて進んでいくと






    こんな景色が広がります。
    水平線も見れますよ。

    自然いっぱいのトンレサップ湖。
    カンボジアにこられる際は必ず訪れていただきたい場所です。

    移動式ネイルサロン?

    • 2015.01.14 Wednesday
    • 18:16
    スオスダイ!
    今日も涼しいシェムリアップ、今日は長袖で過ごしています。

    さて、今日は「移動式ローカルネイルサロン」のご紹介。

    オールドマーケットなどに行くと出会えます。



    ネイリスト?さんの仕事道具。
    結構色んな色のネイルがあります。
    お店を持っているわけではないので、このカゴの中にすべてのものが入っています。

    ちなみに左端の真ん中にあるもの、何か分かりますか?

    ライムなんです。

    こっちの人は、甘皮を処理した後に、ライムを塗ってくれます。
    ビタミン補給!?

    日本でネイリストをしている友達にいったらとてもビックリしていました。

    所変わればですね。




    出来上がりました。
    お花もぜんぶ手書きです(手はカンボジア人のお友だち)。

    これで2ドル〜5ドルくらいの間です。

    結構クオリティ高いでしょ?


    チャンスがあればお試しください〜!


    おまけ




    僕の手も撮ってよ〜

    と差し出してきた近くにいたカンボジア人のおじさんの手。

    それぞれの手にそれぞれの人生があるのだなーとしみじみ思ったのでした。
     

    1月7日は何の日?

    • 2015.01.09 Friday
    • 17:37
    スオスダイ!
    さて、1月7日は日本では「七草粥」の日ですね。
    七草粥を食べてお正月の暴飲暴食で荒れた胃を癒すとか、一年間の無病息災を祈るという意味があるそうです。

    さて、ここカンボジアでは1月7日は祝日です。

    「虐殺政権から解放の日」

    なのです。

    1979年1月7日、3年8ヶ月続いた「ポルポト時代」と呼ばれる時代が終わりを迎えたこの日は、カンボジアの国民の休日となっています。

    当日は街中に国旗が掲げられていました。





    少し前まではよるには花火が打ち上げられ、盛大なセレモニーが行われていたそうですが、シェムリアップでは今年は花火などはなく、穏やかな休日といった感じでした。

    内戦が終わった直後は、花火の音を聞くと爆撃だとおもって逃げ回る人がたくさんいたそうです。

    花火をあげてのセレモニーが行われること、そのセレモニーの規模がだんだん小さくなり、国民が穏やかにすごしていること。

    少しずつ、でも確実に時は流れているんだなあと感じました。

    この穏やかな日々が二度と悲しみで染まらないよう、静かにお祈りをさせていただきました。
     

    地元の憩いの場

    • 2014.12.22 Monday
    • 16:31
    スオスダイ〜!
    今日は地元の人の娯楽スポットをご紹介します。

    市内から少しだけ離れたところにある「キョンギュウ」は、夜になるとオープンします。




    カンボジア人向けのナイトマーケット兼遊園地(←安全面は?)です。

    夜になるとたくさんのカンボジア人で大賑わい。


    露天もたくさん出ます。



    服以外にもサンダルや、寝具、果物などたくさん出ます。
    市場で買うより少し安いんです。

    そして、皆が食べているのが




    焼き鳥ですね〜!
    こちらもちょっぴり安くておいしいです。
    好きな串をえらんで、その場で炭火焼してくれます。

    奥に見えているの野菜はパパイヤサラダですね。

    こんな風に、みんなそれぞれのお気に入りのものがある屋台をえらんで、その場で注文します。
    ほとんどの場合、後ろ側に座るスペースがあるのでそこで焼きあがるのをまって、かんぱーい!です!




    貝もありますよ〜。

    家族や友だちを美味しいものを食べて過ごすのが大好きなカンボジアの人たちの憩いの場なのでした〜。

    ニコニコなフリーペーパー

    • 2014.12.18 Thursday
    • 17:21
    スオスダイ!

    毎月楽しみにしているものがプノンペンから届きました。




    ニョニョムという日本人向けのフリーペーパーです。
    ニョニョムとはカンボジア語で、日本語に直すと「微笑む」とか「ニコニコ」という意味で、その名の通り読むとニコニコになれる雑誌です。
    カンボジアの人々の生活に密着した話題が多く、日常的に少し気になっていたことなどが詳しく書かれており、観光から一歩踏み込んだ内容が充実しています。

    今月の特集は「クマエイスラムを知る」です。

    カンボジアのムスリム文化について非常に詳しく書かれていました。
    毎月の特集以外にも、ポルポト裁判の進行具合を紹介するページや、占いコーナー、クメール料理のレシピ紹介、働くクメール人の特集など内容たっぷりで、無料でいただいちゃっていいのかな!?と思うほどです。

    弊社オフィスにも毎月送っていただいておりますので、ご希望の方はガイドにお申し付けくださませ〜〜!

    観光に便利なマップもついていますよ!
     

    プリアン マオ ハウイ〜!

    • 2014.06.03 Tuesday
    • 18:37
    オ〜イ!!
    プリアン マオ ハウイー!!

    スオスダイ!
    プリアン マオ ハウイは、カンボジア語で

    雨だぞ〜!

    という意味です。

    題名どおり、シェムリアップはプリアン マオ ハウイです。

    ここ最近、まとまった雨があまり降らず、とっても暑かったので恵みの雨です。

    雷もなっています。

    バケツをひっくり返したような大スコール。

    カンボジアの大地に水がしみ込んでいきます。

    緑が活き活きする、雨季の到来です。

    これが美味しい季節です

    • 2014.05.15 Thursday
    • 17:22
    スオスダイ!
    少しずつ雨が降る日が多くなってきたシェムリアップ。
    暑いです。
    最後の暑さをふりしぼっている、そんな暑さです。

    さて、そんな南国カンボジアには日本ではなかなか見かけない果物や、日本では効果でなかなか口にすることができない果物がわんさかあります。
    マンゴー、ドリアン、ジャックフルーツ、釈迦頭、ドラゴンフルーツ、パイナップル、グァバ、竜眼、ランブータン、マンゴスチン、ココナッツ・・・
    と書き出せばキリがありません。

    年中食べられるものもあれば、時期限定のものもあります。

    その一つがこれ



    なんだか分かりますか?
    日本でもカクテルのフレーバーなんかに使われるおなじみのフルーツです。


    大きさはこれくらい。




    これは、ライチです。
    カンボジアのライチ、カンボジアの人曰く、

    農薬を使っていないから見た目はあまり鮮やかじゃないけれど、味が濃くて美味しい

    のだそう。
    日本で冷凍で食べるライチに比べて種が大きいように思いますが、調べてみると天然の物は種が大きいのだそう(カンボジアのものが天然のものかは不明…)。
    私はこの時期になるとこのライチが売られるのを今か今かと楽しみにしています。

    1キロ10,000リエル。
    4000リエルでUD1$なので、2.5ドルですね。

    今の時期、マンゴーが1キロ3000リエルくらいなので、ちょっと高めではありますがこの時期だけのものなので買っちゃいます。

    貧血予防や美肌効果も期待できるライチ。
    なにより、なんともいえない香りとプルプリの果肉が病みつきになります。

    もし、この時期カンボジアにこられることがあればライチ、必食です!!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    FACEBOOK

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM