スポンサーサイト

  • 2015.03.31 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    モリンガパワー

    • 2015.03.11 Wednesday
    • 18:28
    スオスダイ!
    突然ですが「モリンガ」ってご存知ですか?

    青汁の次はモリンガ!といわれるくらい栄養価が高いらしく、日本で静かなブームとなっているそうです。
    流行り物好きの私は、
    そんなのが日本で流行っているんだなー、カンボジアでは手に入らないよなー
    なんて思っていたのですが、なんとカンボジアのそこら辺に、まるで雑草のようにあるではありませんか!

    大好きなソムロココー




    にもたっぷり入っていたことが判明!!

    今日はお昼にお隣さんが、やはりモリンガ入りのスープをおすそ分けしてくれました。




    なんだー、これがモリンガだったんですね。
    食べてたー!
    知ってたー!

    確かにカンボジアの人はこの葉っぱはとっても身体にいいのよとよく教えてくれていました。

    田舎に住んでいた頃、よくこのモリンガを一緒に摘みにいきました。

    当初はその辺に生えている草をスープにいれるんか・・・

    とビックリしましたが、昔から言い伝えられてきたものなんですね。

    味も癖がなく、美味しくいただけます。

    ダイエット効果や、免疫力アップ、高血圧、脳卒中、アンチエイジング、糖尿病、体質改善、さらに安眠にも効果があるといわれているモリンガ。
    今住んでいるアパートの敷地内にもはえているので、生葉でお茶を作ろうと計画中です。
     

    南国フルーツその2

    • 2015.02.26 Thursday
    • 17:54
    スオスダイ!
    カンボジアの果物の紹介、第2弾です!

    南国の太陽をたくさん浴びた果物。

    こちらはご存知の方も多いのではないでしょうか?



    マンゴスチンです。カンボジア語は「モンクッ(ト)」。
    果物の女王との別名を持っています。
    そこの部分がお花の形をしていて可愛いんです。
    濃厚な甘さがくせになります。
    カンボジアでは「マンゴスチンと砂糖を一緒にとると死ぬ」という迷信が信じられていますが、それならスーパーに売っている缶ジュースのマンゴスチンドリンクや練乳たっぷりのマンゴスチンシェイクはどう説明するのでしょう・・・。

    次は



    ドラゴンフルーツ。カンボジア語では「スローカネアック」。
    サボテンと同じ種類の植物で、鮮やかな色が特徴です。
    中身は白いものと赤紫色ものもがあって、赤紫のものの方が少しだけ高いです。
    見た目の鮮やかさとは反対?に、とってもあっさりした味です。


    さて次は


    竜目(ロンガン)、カンボジア語はミエンです。
    初めてみた時は、小さいジャガイモかとおもいました(笑)
    パリッとした皮をむくと、プリプリの身があります。
    味はライチに似ています。
    真ん中のタネが竜の目に見えるということ方この名前がついたそうです。
    またカンボジアでは「ミエン」というのは「お金持ち」という意味もあることから、縁起の良い果物のとして、お供えなどに使われることも多いです。

    最後は


    ミルクフルーツ、カンボジア語プラエタックドッ。ミルクのフルーツという意味です。
    名前の通り、ミルクのような色の果汁が出てきます。
    熟した柿のような味です。

    カンボジアにはこの様にたくさんの果物があります。
    どれも安い値段で買うことができ(だいたい1キロ単位で売っています)、暑いときに食べるとホッとする味ばかりです。
    これからの暑い時期、おいしい果物を食べてしっかり乗り切りましょう!

    南国フルーツその1

    • 2015.02.25 Wednesday
    • 17:22
    スオスダイ!
    だんだん暑くなってきたカンボジア。
    こんなときに食べたいのは、カンボジアの太陽をいっぱい浴びたフルーツ。



    カンボジアには日本でおなじみのものから、なにこれ?なものまで、たくさんのフルーツがあります。

    まずは、日本でもおなじみ




    マンゴー。
    カンボジア語ではスバーイ(スワーイ)といいます。
    マンゴーはこれからが旬ですね。



    こんな風に鈴なりになるんですよ。

    カンボジアにはだいたい15〜20種類くらいのマンゴーがあるそうです。

    By植物博士ポゥキィさん



    お次は



    アボカド。カンボジア語ではプラエバァー。
    プラエは果物、バァーはバター。
    バターのような果物という意味です。
    こちらはラタナキリのものが有名で、カンボジアの人は砂糖やミルクをかけて食べます。
    日本人はお醤油とわさびで食べるよ
    というと、驚愕しておりました(笑)


    次は



    釈迦頭(しゃかとう)。カンボジア語ではティエップ。
    日本では見慣れないですが、釈迦の頭に似ていることからこの名前がついたそうです。
    見た目とは裏腹!?に、ねっとりとした甘みが特徴です。

    次は




    ランブータンです。カンボジア語ではサウマウ。
    毛むくじゃらの赤い皮を開けると、中にはライチのようなプリプリの実が入っています。
    見た目も可愛いですね。

    長くなってしまいそうなので続きは次回にしましょう〜!

    国によって少しずつ違う

    • 2014.05.31 Saturday
    • 12:28
    スオスダイ!

    先日こんなものを発見しました!





    日本でもおなじみのアクエリアス、カンボジアバージョン。

    コカコーラ社から出ているので、きっと本物だ!と思い思わず購入。

    体育ツアーなど、子ども達と交流するときにアクエリアスやポカリスエットは欠かせません。
    こちらでも売ってないことはないのですが、やはり高いため(日本の物またはタイの物)私は日本から粉を持ってきて自分で作っていました。

    ウキウキしながら買って帰り、フタを開けると

    プッシュー!!

    と勢いの良い音。
    飲んでみると、




    微炭酸でした。
    うーん、これはこれで美味しいのですが、スポーツの後に飲むものではないですね。

    そういえばコーラも国によって味が違うと聞いたことがあります。

    アクエリアスも炭酸入りがカンボジアの人には受けるのでしょうか。。。

    朝ごはんの定番

    • 2014.05.28 Wednesday
    • 18:06
    スオスダイ!
    カンボジアにきて驚いたことはたくさんありますが、朝ご飯のボリュームにも驚きました。

    朝から

    豚肉のせご飯




    とか


    クイティオ(米の麺、お肉たっぷり)



    とか食べます。

    私の個人的な意見ですが、朝・昼・夜と全てがっつり食べるイメージです。

    そしてそんな私の朝ごはんに欠かせないのがコイツ。




    カンボジア練乳コーヒー。
    下の白い部分は練乳です。
    苦めのカンボジアのコーヒーにあま〜い練乳が良く合います。

    私のオススメの飲み方は、練乳をすべて混ぜきらずに少し残しておいて、コーヒーを飲み終わった後テーブルにおいてあるフリーのお茶を注ぎ足して飲むこと。
    アッという間に、即席ミルクティーに!

    これが楽しみで練乳コーヒーを頼んでしまうのでした。

    今が旬です。

    • 2013.09.25 Wednesday
    • 17:50
    スオスダイ!
    昨日から、体育ツアーのお客様がカンボジア入りされました!
    今回は少なめの人数ですが、元気いっぱいよろしくお願いします!

    さて、先日弊社コテージに行った際に発見。


    これ、なんだかわかりますか??

    シャンプーハットをかぶった人間みたいですね(笑)

    もう少し近づいて見ましょう!





    カンボジアや熱い国に言ったことがある人なら、もうお分かりの人もおられるでしょう!

    そう、ドラゴンフルーツです。

    えっ?
    ドラゴンフルーツって??

    と思われるた方!


    これです。



    食べごろになると、皮は鮮やかなピンク色になります。
    サボテン科の植物の実です。

    カンボジアでは、ちょうど今がこのドラゴンフルーツの旬です。
    レストランのデザートなんかにもよく登場します。

    気になるお味は、インパクトのある見た目とは裏腹に、

    さっぱり甘くて酸味のないキウイ

    といった感じです。
    旬というだけあって、この時期のドラゴンフルーツは甘みが強く、とってもおいしいです。
    ミネラルやビタミン、繊維もたっぷりで、美容にも良いんですよ。

    日本では、高級フルーツのドラゴンフルーツ。

    もちろんカンボジアでは、気軽に食べれます。
    自家製があるくらいですからね☆

    ドラゴンフルーツが旬のカンボジアに是非お越しくださいませ〜!



    カンボジアの朝ごはん

    • 2013.07.26 Friday
    • 14:01
    スオスダイ!
    今日はカンボジア定番の朝ごはんを紹介します。


    ジャーン!




    クイティオです。
    クイティオとは、米でできた麺で、日本で言うと蕎麦のような位置付けでしょうか?

    お肉、魚介類、大根などからだしをとり、そこにお肉や野菜がたっぷり入った、でも、そのわりにはすごくあっさしているカンボジアの国民食です。

    必ずついてくるライムをキュッとしぼることで、味がグッとしまり、スッキリ爽やかな味わいになります。

    オーダーするときは、お肉の種類を必ず伝えましょう。

    サイッコー(牛肉)か
    サイッチュルック(豚肉)

    が定番ですが、お店によれば

    ポホー(ホルモン)

    なんかもあります。

    追加料金で、肉大盛りもできますよ。

    朝からそんなに食べれない!

    と思われるかたもおられるかもしてませんが、大丈夫です!
    遺跡見学など予定されているかたは、朝からしっかり食べて体力をつけましょう!

    こんな感じで作られています。




    朝ごはんは外で食べる人も多いカンボジア。
    みなさんそれぞれ行きつけのクイティオ屋があるそうです、

    機械があれば、お気に入りのお店を探してみてくださいね。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    FACEBOOK

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM